ブログトップ

Φ-house

phihouse.exblog.jp

コンクリート受入検査

コンクリートはいつもみんな同じではありません。
打ち込む時期の気温などに応じて、適切な配合を指示しています。
そして指示通りのコンクリートが入っているかどうか、打ち込む前に現場で検査をします。
b0318241_12221874.jpg
空気量、スランプ(コンクリートの硬さを表します)ともに問題ありません。
6つの小さな筒に入ったコンクリートは、1週と4週後に壊して
強さがどのくらい出ているのかを確認するものです。
b0318241_12261853.jpg
許容範囲内ではあるのですが、指示した硬さよりも若干硬めなので
バイブレーターをかけて隅々までコンクリートが入るように指示をします。
b0318241_12213518.jpg
早朝の世田谷、気持ちよく晴れたいい天気です。。
コンクリートの打ち込みは、雨がざーざー降ってしまうと中止になります。
打ち込む際、またポンプ車に入れる際に雨が入ってコンクリートの配合が変わってしまうためです。
工期が左右されてしまうので、天気予報は要チェック、です。
b0318241_12220871.jpg
そして気温の低下や、雨の予報があると打ち込んだ後もしっかりと養生をしてもらいます。
丁寧な養生ですね。ありがとうございます。

by staff baba
...............

[PR]
by phi-house | 2014-02-14 12:08 | 現場日記
配筋検査 >>